AllForOne

指導目標

全国制覇をチームの目標とし、サッカーをプレイしていく中で、「ワン・フォア・オール オール・フォア・ワン」をベースにチームプレーの大切さを教えています。 「チームプレー」というのは、イコール「サポート・カバー」であり、各自がそれぞれ与えられた役割を遂行していくということ。 その中から自分の責任感を養わせ、他人に対する思いやりと本当のやさしさを身につけさせています。また、サッカーの楽しさ、おもしろさを理解して、生涯サッカーを愛し続けてゆけるように指導することを目標としています。

 

チーム紹介

当サッカー部は、現監督 神保岳史が1986年に監督に就任し、本格的な指導を始めて以来、東京代表として、全国高等学校サッカー選手権大会に出場を果たすなど伝統のあるクラブです。監督就任以来、一貫してサッカーを通じ、技術・体力・精神力の向上を目指すと共に、高校生活の3年間を、大人になるまでの最後の教育期間として捉え、思春期という難しい時期ではありますが、挨拶、マナーといった社会のルールの指導を徹底し、一人一人の選手が立派な社会人として歩むことが出来る教育を行っております。

HeadderTrophy

Panel 1

はじめに

一点差で自分のチームがリードしていて、後半も残り4~5分。こんな場面でも「早く終わらないかな」ではなく、「あと5分でも10分でも長く試合をしていたい」と思える選手になって欲しいというのが、私の一番の願いです。

勝利は大切です。でも「とにかく勝てばいい」という姿勢では、サッカーの楽しさを見失ってしまいます。まず、ゲームを心から楽しむこと、その結果として勝利がついてくればいい。だから、対戦するのは一緒に楽しむ「相手チーム」であって、決して「敵チーム」ではないのです。

楽しみながらサッカーを続けていくために、最も大切なのは「自分自身で考える」習慣を持つ事です。監督やコーチから教えてもらう事が山ほどあります。

それでも「どうして監督はああ言ったのか」「なぜ自分は出来ないのか」「何の為にこうするのか」など、指導された内容を一度自分に当てはめて考えるクセをつけて下さい。自主性が上達を早め、目標を達成したときの嬉しさをいっそう大きくしてくれます。偶然に入ったシュートよりも、戦術を考えて狙い通りに決まったシュートのほうが嬉しいのと同じことです。

また、自分で考える習慣がつけば、自然にチームメイトなど周囲の人達に気を配る気持ちも生まれてきます。相手も考えているのだと思うのです。それが、「一人はみんなの、みんなは一人のために」というチームプレーの精神にも繋がるのです。

私が指導している東亜学園高等学校サッカー部は、決して個人技術の高いチームではありません。地区予選を戦う東京には全国レベルの選手を抱えた強豪がひしめいています。それでも1994年に東京代表になれたのは、各自が自主性を持つことで発揮できたチームプレーの力だったと思っています。

どんなに練習がきつくても、サッカーは楽しいものです。楽しくなければやる意味がありません。自分も相手も、見ている人も楽しめるプレーが出来る選手に育ってください。

東亜学園高校サッカー部
監督  神保岳史

2018HCoach

Panel 3

2019年度 部員

3年生
2019member3

2年生

2019member2

1年生
1901

 

Panel 4

アクセス

東亜学園高等学校 小平グラウンド
東京都小平市花小金井3-21-3
TEL:042-65-1512(代表)

西武新宿線 花小金井駅北口下車 徒歩10分
西武バス 清瀬・東久留米駅より(花小金井駅行き、武蔵小金井駅行き)新青梅街道下車
西武バス 花小金井駅より(清瀬駅南口行き)花小金井五丁目下車

アクセスマップをダウンロードする

18entrance